事業内容SCMM3PL事業路線事業・ロゴス便物流センター物流サービスサービスフローサービスメニュー物流センター倉庫管理システム共同配送機能効率的商品供給機能ネットワークピカピカ磨き隊安全と環境管理会社情報社長挨拶会社概要沿革ロゴスの思い採用情報 北海道HSL日本語学校案内 北海道HSL日本語学校facebook 採用情報

事業内容[3PL事業]

3PL:Third(3rd)Party Logistics/サード・パーティ・ロジスティクス

当社は、物流センター事業を核に物流と流通をリンクさせた総合物流をカバーする『3PL企業』です。
3PLとは、『荷主様に対し物流改革を提案し、包括物流業務を受託する業務』であり、荷主様が物流業務を外部委託(アウトソーシング)することです。
主な目的は、物流コストの削減と戦略的ロジスティクスの構築による利益追求です。
これは市場における物流業務の位置づけが、重要な企業活動の一つとして広く認知されるところであり、当社は物流業務の受託者として荷主様への積極的な『SCMM活動』を推進しております。

図

3PL事業では、調達物流、工場内物流・販売物流(在庫管理・輸配送管理)・静脈物流(産業廃棄物、返品、修理品)を、お客さまの物流セクションに代わってトータルに請負います。

[物流オペレーション能力][物流システム設計・提案能力]を構成する要素

図

3PLのメリット

経営資源の本業への集中
物流に関する施設・設備、物流に携わるスタッフ及び人件費(給与や教育費用等)などに振り当てられていた資産を、アウトソーシングするため、本業に集中できます。
効率的なコスト削減の実現
コスト削減目標を設定し、その達成度に応じたインセンティブを取り決めておくことにより、利益相反することなく、コスト削減へのモチベーションが高められます。
また、ロジスティクス環境を変革することにより、新たなキャッシュフローを創出し、企業の経営環境そのものの改善に貢献します。